Top > 酒造所からのお知らせ > 35リキュール泡盛珈琲を那覇空港ANAラウンジで提供中です

35リキュール泡盛珈琲を那覇空港ANAラウンジで提供中です

ANAの那覇空港ラウンジにて、ご当地銘品サービス「ANA LOUNGE PARTNERS」の第1弾として2013年3月から8月まで「35リキュール泡盛珈琲」が提供されることになりました!!

35リキュール泡盛珈琲ポップ画像

ご当地銘品サービス「ANA LOUNGE PARTNERS」は、
ANAの国内線ANA LOUNGEでご当地の銘品をお楽しみいただけます。

海に植え付ける前に死んだサンゴ(風化サンゴ)を200℃以上に熱し、
珈琲生豆の香りを重視した温度で、時間をかけて焙煎する『35COFFEE』は、
珈琲豆本来のまろやかな風味が特長です。
また、焙煎時の焼きむら(雑味部分)をグラニュレーター製法により取り除くことで、
クリアな味わいに仕上がっています。

この35COFFEEと相性のいい泡盛が出会って生まれたのが『35リキュール泡盛珈琲』。
焙煎仕立の珈琲豆をすばやく泡盛に仕込み、約1月後に風味を確認してから珈琲豆を取り出します。泡盛は特殊製法でつくられたもので、珈琲豆の香りを引き立てる役目をしています。

ANA_linuge.jpg
ラウンジに設置された「35リキュール泡盛珈琲」

10年前と比較すると、沖縄のサンゴは1/10に減少してしまいました。
「35リキュール泡盛珈琲」商品売上の3.5%を、沖縄県内のサンゴ再生支援金に活用。
南都酒造所は、サンゴを支える活動を支援しています。

ぜひ、沖縄旅行を楽しまれた後は、ラウンジで『35リキュール泡盛珈琲』をお楽しみ下さい。

(外部サイト:ANA国内線ANA LOUNGE

35リキュール泡盛珈琲 商品詳細ページ